スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検診考

病気後、特に専業主婦の友人達には
定期健診を受けるように
可能ならばがん検診を数年に一度で良いから受けるようにと
アドバイスしてきた。

わかりやすいメッセージとして。

けれど。
本音を言えば、自己責任において、どちらでもいい。

そもそも定期健診で異常が見つかったことは
幸運な一例に過ぎない。
そして、わたしが病後受けている検診も
統計確率論の下に選ばれた最小限なのだ。

もし、万が一にも突飛な転移があったら
それは多分自覚症状が出るまで気づけない。

その上で腹を括るか、
それとも数年に1度はトータルながん検診を受けるのか・・・

私自身考え中である。

ただ。

安易に何もケアせずに
自覚症状すら心で打ち消しながら
病が見つかったときに
ああ、やはり検診を受けておけば良かったと・・・

そんな後悔はしてほしくないし、
病と向き合う姿勢を持つということが大切なのだと

本当のメッセージは、そこにあるのだ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。