スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ていねいに

肝がんが発見されてから
それに向き合うことが最重要課題であった。

退院して、術前の目標をクリアして
実は目標を失ったの如く
経験者として何が出来るだろう
何をすべきだろうと模索していた。

けれど、
私には家族があって
自分の生活があって
日々の仕事と、心ほどくための愉しみもある。

そしてさらにいくつかの案件を
放置したままでもいる。

直近の目標に突き進む運と力に
恵まれていると自負しているが
諸刃の剣でもあり、
長期的目標を持つのが実に苦手である。

「火事場」であったのだから
馬鹿力も必要ではあったが
体力が戻ってきたのだから
まずは案件たちの再評価をして・・・

がん経験者として活動する時間を持つことは今はするまいと決めた。

ここに自分の経験と想いを書き記すこと
その時間枠だけは取ろうと思う。

そして自分の身体の声を聞くことだけは忘れないでいようと思う。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。