スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検診 術後1年

正確には1年と1ヶ月。

正直少し緊張でした。

仕事は忙しくて
2、3時間の残業は当たり前だったし
週休1日、酷いときは週休なかったし

休みは休みで家で眠れるわけはなく
家族奉仕だし

普通に食べて飲み
たまにはじけて飲んでるし

ここ3週間背中の右側が痛かったし(汗)

・・・でもどうやら単に疲れが溜まってるだけで
血液検査の数値も
造影CTの画像も
極めて美しく

肝臓のみならず、腎臓ほか臓器の確認できる範囲に異常はありませんでした。

丁度体力が落ちる年波に重なったせいか
以前より疲れやすいことは確かですが

まだ、生かされています。
生き続けられると信じ
日々出来ることをしましょう。
スポンサーサイト

そして一周年

去年の今日、今頃の時間は

・・・寝てました(笑)

目覚めてからもたいして緊張せず、
いやしてる暇もなく・・・すること多いじゃないですか、
手術前って(笑)

はい、肝臓さんのリニューアル記念日です。

この一年の重みは
ひとしおでした。

今ここに生かされていることに
心から感謝を捧げます。

・・・毎度毎度感謝ばかりというのも
能がないようにも思いますが

麻酔がさめてきたころに呼びかけられて
「ありがとうございます」としか言えなかったことが
理解できる今。

やはり、この生に感謝するしかないのです。
そして感謝することは
いえ、悲しんだり悩んだりするような
ネガティヴに思えることすらも
生きてこそ出来うることなのだと実感しています。

記念日

告知から。
丁度一年経ちました。

傷の痛みも
いつの間にか気になることが減って
普通に仕事して
普通に生活している自分が居ます。

いざというときの馬力はまだ出ないけどね(笑)

あまりにも多くを思い巡らした一年でした。
正直、仕事復帰以降のほうが
はるかに辛いことも多かったし、
様々な変化もありました。

けれど。
病気をする前の自分には戻りたくない。

こう言い切れるのも、
寛解しているからであり、
本当に幸運なのだと思います。

治療に関わってくださった医療関係の方々はもとより
支えてくれている家族、友人達に
心から感謝をささげます。

検診クリア

8ヶ月ぶりの造影CTと、血液検査の結果。

再発なし、肝機能正常。

しかも、相方より肝機能数値は良い(笑)
大概の友人よりもきっと良いと思う(爆)

素直に嬉しいけれど
勝って兜の緒をしめよ

ですね。

しこり騒動

2週間ほど前に
傷の際1cm、肝臓の端あたりを洗っていると微妙な感触。

ころんと、固い。

しこり?

・・・まさかね・・・

でも、

と、不安をお手玉して2日間。
このまま放置するのもらしくない、と

病院に電話したら
2日後の予約がとれた。

・・・そして。

診てもらった。

結果。

・・・手術後の縫い糸の結び目、だそうで。
周りの組織が同化して固くなるのだそう。
1年ほどかけてゆっくり縫い糸は消滅吸収されるが
固い組織は残るかもと、でも全く問題はない、と。

退院時のQ&A集でもつくって
その中に織り込んでもらえば
手を煩わせず済んだような気もするが

悪いものでなかったということで
良しとしよう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。